gist

2012年10月14日日曜日

Mac OS X Mountain Lion (10.8.2) に Rails 3.2.8 をインストールする

約100日ぶりの更新です。
RailsとiOS/Androidアプリとクラウド3点セットのお仕事が増えてきましたので、少しNode.jsから離れて、更新を続けようと思います。

Moutain LionにRailsをインストールしたときの作業のログです。
Rubyのバージョン管理ツールにrbenvを使用しています。

事前準備

  • AppStoreでXcode 4.5.1 をインストールしておく
  • Xcode 4.5.1の設定からCommand Line Tools をインストールしておく

Homebrewをインストールする

rbenvをインストールする

.bash_profileを編集して以下の一行を追加します。

$ vim ~/.bash_profile

再読込を忘れずに

ruby-buildをインストール

rbenv install -l でインストール可能なバージョンのリストが表示されればOKです。

Rubyをインストールする

使用しているrubyのバージョンが1.9.3-p194でパスが変更されていればOK。

Railsをインストールする

Railsアプリを作成する

ブラウザから http://localhost:3000/ にアクセスして以下の画面が表示されたRailsのインストールは完了です。

0 件のコメント: